読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大きな木の下で寝そべる

お気楽な雑記ブログです

法の六徳

教え

法の六徳

 

 

法の六徳は

⑴善く、正しく説き示された(教理、実践方法、論理、言語の上だけでなく、修行の結果に於いても完全な)教えです。

 

⑵実証できる(何時でも誰にでも体験できる)教えです。

 

⑶普遍性があり、永遠たる(真理そのものであり、時と場合により訂正すべきものではない、即座に結果が得られる)教えです。

 

⑷「来たれ見よ」と言える(何人も試して、確かめてみよ、と言える)確かな教えです。

 

⑸実践者を涅槃へ導く(煩悩に汚れた心の状態を確実に浄化し、解脱へと導く)教えです。

 

⑹賢者たちによって各自で悟られるべき(自らこと教えを実践して、体験すべき、他力救済を説かない)教えです。

[以上の徳が具われる]ダンマに、私は生涯帰依します。

 

 

 

 

 

 

※引用元

ブッダの日常読誦経典

(著者:アルボムッレ·スマナサーラ)